So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ギルガメシュ王ものがたり ギルガメシュ王のたたかい [おすすめ絵本【年長~】]

すげーよ!叙事詩ってのは、こういうもんなのだ!
ギルガメシュ王ものがたり (大型絵本)

ギルガメシュ王ものがたり (大型絵本)

  • 作者: ルドミラ ゼーマン
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1993/07
これはすごいです!久々の迫力絵本!
メソポタミア神話に登場する英雄ギルガメシュ、その昔、歴史の資料集で名前しか聞いたことがなかった人物です。彼の叙事詩をもとにした絵本。
『ギルガメシュ王ものがたり』では、暴君として君臨していたギルガメシュが、森に住むエンキドゥとの戦いの中で人の心を得ます。そして友情をたたえながらよき王となるまでが描かれます。
続巻の『ギルガメシュ王のたたかい』では、人々のために怪物を退治する、強きギルガメシュに愛を拒まれた女神の嫉妬が町を襲います。
絵が美しい!!!
精緻な書き込みぶりに見惚れてしまいますです!!
話のスケールの大きさもさることながら、たたかいの場面の迫力は他の絵本にはない!
「叙事詩」とはこういうものなのだ、と、絵が語る。
そして『ギルガメシュ王のたたかい』で訪れる悲劇には、母も読みながら鼻の奥がつんとなりました(涙)。
息子と読みましたが、6歳、4歳、目がまじでした。
実は『ギルガメシュ王さいごのたび』がこのあとに続きます。未読です。読みたい!!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。