So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ねむいねむいねずみのうみのぼうけん [ママ教師おすすめ絵本]

ねむいねむいねずみのうみのぼうけん

ねむいねむいねずみのうみのぼうけん

  • 作者: 佐々木 マキ
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
みょ~~~に、次男(2歳当初)が気に入っていたこの本。
  • 「ねずみが たびを していたよ」に始まって、
  • 「おかあさんの ゆめ」を見て
  • 「ねずみは たびを つづけたよ」に終わる一連のシリーズです。
  • 海に流されたねずみが、大変だ!と思ったら思いがけない助かり方をして・・・「ねずみは たびを つづけたよ」と、ホントそれだけの話なの!!
  • うちのだんなに言わせると「オチのない(^^;)」話。
  • でも、子供にはこの平和な、いや、ねずみが海におっこちるんだから平和なわけじゃないが、大人からみるとなんとものどかな「冒険」加減がとっても楽しいらしい。
  • 海に落ちてもことさら海の広さを強調するわけでもなく、常にねずみを望遠でとらえた感じが、子供の視界と一致するんじゃないかなあ・・・と勝手に思うのです。
  • 息子が一番好きだったのは、海に落ちたねずみの周りに色とりどりの魚が泳いでるページ。はっきりした線で書き出された魚たちを、ひとつひとつ指差しては「Gねえ~、これがすき」「これもすき」と教えてくれたのでした。
  • いわれてみると、読めば読むほど味わいのある絵本なのでした。

※Amazon在庫なしになってました。絵本ナビのほうにリンクをはっておきます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。