So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

かいじゅうたちのいるところ [ママ教師おすすめ絵本]

テキストのないところでのアドリブがきめ手。

かいじゅうたちのいるところ
  • かいじゅうたちのいるところ作者: 神宮 輝夫, Maurice Sendak, モーリス・センダック
  • 出版社/メーカー: 冨山房
  • 発売日: 1975/01

 


いたずらをしかられたマックスが気づくと、たくさんのかいじゅうのいる島に到着。かいじゅうの王になったマックスは、彼らと不思議なひとときを過ごします。

表紙だけみると、正直くらいんです。
そのせいで、自分が子供の頃(っても、小学生・・・)からある本にも関わらず手に取ったことはなかったのです。

が、どうしてどうして面白い。
こどもにも(息子G・・2歳)大ブレイク。

途中、数ページにわたって、怪獣たちが踊る場面、本文がないのです。
どうしようかな~と思ったのち

「ずんどこ、ずんどこ・・・・・・・・・」

とリピートしながら読むこと数回。今では「ずんどこ読んで~」と持ってくる息子です。めくり方も工夫すると面白い、読み聞かせ向きの絵本といえましょう。うん。

※アフィリエイトにはなっておりません。一応。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。