So-net無料ブログ作成

何かが道をやってくる [ママ教師おすすめ本【中学生】]

秋は、何かがやってくる季節だ。

何かが道をやってくる

何かが道をやってくる

  • 作者: 大久保 康雄, レイ・ブラッドベリ
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
実は、大ファンなんです。ブラッドベリ・・・・。

ブラッドべりです。ブラッドベリですよ!

明日はハロウィン。日本では、なにやら海外の楽しげなイベントと思われている節があります。が、この本ではそんなカタカナには惑わされません。「万聖節前夜」ですから。

死者の存在や、死というものを意識する機会になっているハロウィン。
ウィルとジムにとって、嵐のその夜は永遠に、その「13歳」にわかれを告げる儀式の始まり。
街にやってきたカーニバルとの苦闘の予感。
身をえぐられるような痛みと共に・・・魂と、人生と、存在を賭けた闘い。

 中学生の頃から、なんども読んでいる本ですが、当時は「テーマ」らしきものなんて、何も考えてませんでした。ただただ、全編に流れる「雰囲気」にのまれてたのです。はじめから終わりまで、イメージの花火がぱんぱん上がってる感じ。

物語を貫く暗闇のイメージ。
その闇の中に浮かび上がる、アーケードマシンと夜のカーニバルの明かり。
葬送行進曲とともに回転する木馬。
心の奥底を映し出す鏡の部屋の鈍いきらめき・・・・・・
もしかして、永遠に朝はこないんじゃないのか?

難しいことを考える必要はないのです。
なぜ、こんなにも心をざわつかせるコトバが並んでいるのか?
この空気はなんなのか?

そんな衝撃を味わうためだけにでも、読んで損のない1冊。
ダークです。スリリングです。もうたまりません(T T)!!

ハロウィーンがやってきた

ハロウィーンがやってきた

  • 作者: レイ ブラッドベリ
  • 出版社/メーカー: 晶文社
  • 発売日: 1997/10
  • メディア: 単行本

この話とかなり趣は違いますが、ハロウィンついでで。
こちらの方が、やや明るいです。ハロウィンって、何?という人にもうってつけ。
ヤングアダルト向けに刊行されています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。