So-net無料ブログ作成
検索選択

マジックツリーハウス シリーズ [おすすめ絵本【年長~】]

恐竜の谷の大冒険  (マジック・ツリーハウス (1))

恐竜の谷の大冒険 (マジック・ツリーハウス (1))

試しに1冊買って、家に放っておいたんです。母が読む前に読みだした息子・・・・・・はまりました。
ジャックとアニーの小さな兄妹が、近所の森で見つけたツリーハウス。のぞいてみると中には本がたっくさん。実はこのツリーハウス、時間と空間を自在に超えられる魔法の乗り物だったのでした。
シリーズが進むにつれて、兄妹は恐竜時代、古代エジプト、江戸時代の東京・・・・と、あちらこちらを旅してミッションをこなしていきます。冒険、魔法、恐竜の子ども大好き三点セットから始まったこのシリーズ、何がすごいって登場人物の二人が、ほんとに世界各国、しかもいろんな時代で世界的に有名な人物と出会ってるってとこ。小3の話題に芭蕉が出てくるってどうよ!?
聞けば小学校の図書館では大人気シリーズのようです。20巻以上が刊行されています。
これ読みたさに、息子(小3)は公立図書館でのリクエストに挑戦しました。(親もびっくり)
恐竜読みたさに年長の息子まで、時間をかけて1冊読破しました。(そう、総ルビなんです)
とはいえ、おすすめ年代は小学校2、3年から・・・・・。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

あめかな! [ママ教師おすすめ絵本]

あめかな! (0・1・2・えほん)

あめかな! (0・1・2・えほん)

きれいでしょう?福音館の0・1・2シリーズの絵本なので、いつもの正方形のサイズ。雨が降っている様子がえのぐで描かれているんだけどどのページも鮮やか。いろんないろの雨。水たまり。
こんな絵の描き方もあるんだなあ、なんて感じてくれたら嬉しいなあ。¥735。

おしいれ [ママ教師おすすめ絵本]

おしいれ (あけて・あけてえほん)

おしいれ (あけて・あけてえほん)

もー。久々に本屋さんでのけぞりました。大人の手のひらくらいのコンパクトなサイズですが、アイデアの塊。なぜいままでこれが本にならなかったんかいな、ってくらいの衝撃。
開けるとリアルに二段に分かれた押入れが登場。
上の段から(ここが素敵)布団が、まくらが、かけぶとんが出てきます。
同時に「冷蔵庫」も店頭に並んでいます。
最近はベッドで寝ちゃうおうちが多いから、なじむかどうか不安ではあるけど・・・・ぜひ「生き残って」ほしい絵本です・・・。¥630。

ちはやふる [Fav, コミックス]

文科系スポーツ

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)

仲間と一緒なら強くなれる!
スポーツコミックの定石を、競技かるたで。

 きっとどこかでやったことのある「百人一首かるた」。場にばらまくんではなく、きちんと向き合って、札をならべて挑むのが競技かるたっす。
 特にとりえもなかった少女ちはやと、かるた名人を目指す転校生、新。ちはやをちょっと意識してる秀才、太一。3人は、競技かるたを通じて心が触れ合っていく。

すんげー、熱い!!でもって、絵もきれい!王道少女マンガ!
実は選択授業で百人一首やってます。生徒に勧めます。うし。
現在3巻まで刊行中。


チキチキ・バンバン [子どもと映画]

どっかで聞いたメロディーと、空飛ぶ車!

も、『空想科学読本』のネタ満載のファミリーフィルム!

 まったく売れない発明家にして、シングルパパのポッツ氏。子供にせがまれて買ったクズ鉄寸前のポンコツ車を修理しまくって蘇らせます。そして偶然知り合った製菓会社の令嬢も乗せて、家族で海辺のドライブ
 そこから、話はどんどん広がって・・・・車は海を走り、空を飛ぶに至ります。

 『不思議の国のアリス』みたいな話の展開に、きっとどこかで聞いたことのあるテーマ曲。ポッツ氏の発明品とか、随所のお約束的ギャグとか、小ネタもたっぷり。小学生の中学年くらいからかな。自分自身は高学年でみた覚えがあります。
 小2の愚息は、人さらいシーン(あるんだわ)で、まじ怖がってテレビの前を去ってしまいました・・・・(涙)
なんと、原作イアン・フレミング。(←007シリーズ)、スタッフにロアルド・ダール。(←『チョコレート工場の秘密』


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。