So-net無料ブログ作成
おすすめ絵本【年長~】 ブログトップ
- | 次の10件

あそびのおうさまずかん リサイクルこうさく [おすすめ絵本【年長~】]

小1の息子のクリスマスプレゼントにした本です。

牛乳パックや、空き箱を使った工作の見本帳。
ちょうど大人が、通販の本やインテリア雑誌をみて「部屋のなかどうしようかなあ」っていろいろ思いをめぐらすみたいに、彼もこの本を眺めては「次は何をつくろうかなあ」と夢想しているようです。
何冊か本屋で似たような本を物色しました。
この本の決め手は、2点。作り方もイラストつきで子供が「つくれそう」と思えるようになってること。
何より、見本の完成作品が素材(リサイクルもん)の色なんかがよく考えてあって貧乏くさく見えないこと(^^;)))))。
や、これって大事でしょう~?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

ギルガメシュ王ものがたり ギルガメシュ王のたたかい [おすすめ絵本【年長~】]

すげーよ!叙事詩ってのは、こういうもんなのだ!
ギルガメシュ王ものがたり (大型絵本)

ギルガメシュ王ものがたり (大型絵本)

  • 作者: ルドミラ ゼーマン
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1993/07
これはすごいです!久々の迫力絵本!
メソポタミア神話に登場する英雄ギルガメシュ、その昔、歴史の資料集で名前しか聞いたことがなかった人物です。彼の叙事詩をもとにした絵本。
『ギルガメシュ王ものがたり』では、暴君として君臨していたギルガメシュが、森に住むエンキドゥとの戦いの中で人の心を得ます。そして友情をたたえながらよき王となるまでが描かれます。
続巻の『ギルガメシュ王のたたかい』では、人々のために怪物を退治する、強きギルガメシュに愛を拒まれた女神の嫉妬が町を襲います。
絵が美しい!!!
精緻な書き込みぶりに見惚れてしまいますです!!
話のスケールの大きさもさることながら、たたかいの場面の迫力は他の絵本にはない!
「叙事詩」とはこういうものなのだ、と、絵が語る。
そして『ギルガメシュ王のたたかい』で訪れる悲劇には、母も読みながら鼻の奥がつんとなりました(涙)。
息子と読みましたが、6歳、4歳、目がまじでした。
実は『ギルガメシュ王さいごのたび』がこのあとに続きます。未読です。読みたい!!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

チョコレート工場の秘密 [おすすめ絵本【年長~】]

やっぱチョコレートが食べたくなる
 
チョコレート工場の秘密—ロアルド・ダールコレクション (2)

チョコレート工場の秘密—ロアルド・ダールコレクション (2)

  • 作者: ロアルド・ダール
  • 出版社/メーカー: 評論社
  • 発売日: 2005/04/30
  • メディア: 単行本
小学生のころに読んだ方も多いだろうこの本。絵本ではないんだけど、今息子たちに読み聞かせしてます。小学1年の息子はもちろん、目がキラキラしてます。ルビがないので、一人じゃまだ読めないけど、話の筋はとってもわかりやすいし面白いから。

話の筋を知らない方のために・・・・・チャーリーの町にある、ワンカ氏の世界一のチョコレート工場。しかし、その工場の中を見たものは誰一人としていない。そんな謎の工場が、チョコの包み紙の中にある「当たり」券で、世界中で5人だけ、見学をしていいというキャンペーンが起きた。1年に1回しかチョコレートを買えない、貧しいチャーリーに、なんとその「当たり」が舞い込む。そして・・・・・・秘密の工場は開かれた・・・・・。

うわー!!「チョコレート」そして「秘密」ですよ。
なんて、魅惑的なタイトル!!

出てくる子供たちが、それはもう、家庭での「しつけ」にばっちりな子たちですから。教育的にもなかなか使える本なり。復刊してよかったなあ。(うちのどこかに、昔買ったのがあるはずなんだけど・・・探しても出てこないので、結局これ、また買いました。)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

どうぶつえんガイド [おすすめ絵本【年長~】]

どうぶつえんガイド―よんでたのしい!いってたのしい! (福音館のかがくのほん)

どうぶつえんガイド―よんでたのしい!いってたのしい! (福音館のかがくのほん)

  • 作者: あべ 弘士
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 1995/04
  • メディア: 大型本
年長以上の子供向け。
いろんな動物の紹介が、一般的なことからトリビアなことまで網羅されており、大人が読んでもかなり楽しい。動物をながめて「かわいいねえ」とかいうだけの赤ちゃん期を終え、いろんなことに興味津々になった幼児なら、大うけすること請け合いです。
どの動物も、見開きにどーんとインパクトのあるあべ弘士氏のイラストがあって、その周りにこまこまと解説がされているのね。「ホントに!?すごい!」ってな習性に重点が置かれてるような感じなので、実際に動物園にいったら、ここんとこを確かめてやるんだもんね!と子供がひとりでに盛り上がっていけるような内容。一家に一冊。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

さとうねずみのケーキ [おすすめ絵本【年長~】]

さとうねずみのケーキ

さとうねずみのケーキ

  • 作者: ジーン ジオン, マーガレット・ブロイ グレアム
  • 出版社/メーカー: アリス館
  • 発売日: 2006/01
自分が小さいころ目にしていた絵本の絵って、こんな雰囲気のが多かったよなあ~なんて思って手にしてみたら、おもしろ~い。
(実は『どろんこハリー』の画家でした。覚えがあるはずだあ)
 
王様のケーキコンテストにトムが出品したのは、友達のねずみのティムによく似せた、さとうかざりのねずみのかざりで一杯の力作。ところが、展示直後に、ねずみの一体が壊れてしまって・・・・・・・。
 
大人は「王様のコンテストで、そんな失敗をやらかしたら・・・」という社会的恐怖もセットで読んでいるのですが、そんな「知識」なしでも、うまいぐあいにドキドキする展開が、次々にやってくるんですよ。面白かったあ~~~。
6歳の息子、顔がまじでした(^^)。
3歳の息子の方も、絵がきれいなので、とっても楽しそう。
子どもが1人で読むにはテキスト量が多いので大変ですが、読んであげるには大人も楽しい。
 
よくみると、絵に使われている色が黒と青と赤。その濃淡だけでみすぼらしい小麦粉部屋から、華やかな大広間までが描かれていて、大人としては、ちょっと感動。図書館で借りたんだけど、これ買ってもいいなあ・・・・って思っちゃいました。
男の子でこれだけ面白かったんです、ケーキだもん、女の子にはプレゼントにしてもいいかも!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

かいぞくぽけっと のシリーズ [おすすめ絵本【年長~】]

指令はきみにもくだされる!
空とぶかいぞくせん

空とぶかいぞくせん

  • 作者: 寺村 輝夫, 永井 郁子
  • 出版社/メーカー: あかね書房
ふと気がついたら、自分が海賊のおかしらになっていて、手下がいて、自分の船で旅をしている・・・・・・なんとまあ、都合のよい(^^;)。※第一巻の『なぞのたからじま』の画像がなかったので2巻のを拝借。

話そのものに、親としては魅力はそんなに感じなかったのです。ところがこの本のすごいとこは・・・・・・・ところどころの章末に出てくるこれらの文句。(うろ覚えですが)

「好きな歌を七回うたいたまえ。七回歌ったら、この続きを読んでよろしい」

「トイレにいってきたまえ。きれいに手を洗って、しっかり拭いた者だけが、この続きを読んでよろしい」

その日はもう遅いから、歌の指示がでたのをきっかけに「今日はここまでにしよう、と決めながら・・・・・・・この文句を読んだのですが・・・・・・
親(ふーん・・・・^^)
子供「・・・・・・・」
親「どうしたの?」
子供「ぼくね、リュウケンドーの歌うたうから!」

ええっ!?
と、いきなり歌いだす息子。5回歌った・・・。その翌日保育園で2回歌ったらしい。迎えにいくと「これで7回になったから、続きが読めるね!」

まーじですかーーー!?
そうです、そして翌日は当然トイレにも行きます。
親のいうことは聞かんでも、本のいうことは聞くのか~~~!!!

なんだかとっても教育的な本。親もびっくり。
作者に名を連ねている寺村輝夫といえば、私たちも幼い頃に読んだ『ぼくは王さま』シリーズ。このかいぞくぽけっとのシリーズも、母がカラオケボックスで歌い呆けていた時代に刊行、既に十数巻のシリーズのようです。息子は1から順に読破するつもりのようなので・・・・・うは~次はどんな「指令」が待っているのやら。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

かいけつゾロリ まもるぜきょうりゅうのたまご [おすすめ絵本【年長~】]

かいけつゾロリ まもるぜ!きょうりゅうのたまご

かいけつゾロリ まもるぜ!きょうりゅうのたまご

  • 作者: 原 ゆたか
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
とうとう、絵本らしい絵本を卒業するときがやってきました。
息子6歳、卒園を間近にして児童書への道がスタートです。
これまで『エルマーのぼうけん』は読んでたのですが、ある日保育園で読み聞かせしてもらった本が、とっても面白かった!と迎えにいくなり語りだした息子。聞けば、うわさに名高い「ゾロリ」の話だというじゃないですか。
クリスマスのプレゼントをリサーチしていた両親に、早速リーク。
こうして息子はシリーズ最新刊を手に入れたのでした。
読んでみたら、これが面白い!
売れてるのわかるわあ~~って。
もともとイラストレーターだったという作者の、全ページにちりばめられた動きと表情のある挿絵と、次から次へとやってくる絶体絶命のピンチ。
コミックと読み物のちょうど間を取るような本でした。作者自身がどこだかで言ってたように、上品な本じゃないけど・・・・・息子、なんども読んでます。
「きょういのおならテクニック(文中より)」が、我が家の息子たちの、ちょっとしたブームなり。
(テレビアニメはいまだにみていませんが、「リュウケンドー」はこんな面白い原作のアニメがライバルだったんだ・・・・・とちょっとしみじみ。)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児
- | 次の10件 おすすめ絵本【年長~】 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。