So-net無料ブログ作成

さとうねずみのケーキ [おすすめ絵本【年長~】]

さとうねずみのケーキ

さとうねずみのケーキ

  • 作者: ジーン ジオン, マーガレット・ブロイ グレアム
  • 出版社/メーカー: アリス館
  • 発売日: 2006/01
自分が小さいころ目にしていた絵本の絵って、こんな雰囲気のが多かったよなあ~なんて思って手にしてみたら、おもしろ~い。
(実は『どろんこハリー』の画家でした。覚えがあるはずだあ)
 
王様のケーキコンテストにトムが出品したのは、友達のねずみのティムによく似せた、さとうかざりのねずみのかざりで一杯の力作。ところが、展示直後に、ねずみの一体が壊れてしまって・・・・・・・。
 
大人は「王様のコンテストで、そんな失敗をやらかしたら・・・」という社会的恐怖もセットで読んでいるのですが、そんな「知識」なしでも、うまいぐあいにドキドキする展開が、次々にやってくるんですよ。面白かったあ~~~。
6歳の息子、顔がまじでした(^^)。
3歳の息子の方も、絵がきれいなので、とっても楽しそう。
子どもが1人で読むにはテキスト量が多いので大変ですが、読んであげるには大人も楽しい。
 
よくみると、絵に使われている色が黒と青と赤。その濃淡だけでみすぼらしい小麦粉部屋から、華やかな大広間までが描かれていて、大人としては、ちょっと感動。図書館で借りたんだけど、これ買ってもいいなあ・・・・って思っちゃいました。
男の子でこれだけ面白かったんです、ケーキだもん、女の子にはプレゼントにしてもいいかも!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。