So-net無料ブログ作成

闇の守り人 [乱読本棚]

闇の守り人

闇の守り人

  • 作者: 二木 真希子, 上橋 菜穂子
  • 出版社/メーカー: 偕成社
  • 発売日: 1999/01
  • メディア: 単行本
 
『精霊の守り人』の続編にあたります。まだの方はそちらを読んでからだとしっくりきます。
 
雇われ用心棒で、短槍の達人バルサ。幼い頃に、一国の王位継承にまつわる陰謀に巻き込まれ、運命の糸が絡まってしまった彼女。(ま、彼女は「運命ってのは、過去をなっとくするための、都合のいい解釈」と言い捨てていますが。)
過去の清算のために、生まれ故郷を訪れた彼女を「運命」は放っておいてはくれなかった。バルサは、実の父と養父に降りかかった陰謀の真実を知る。
 
前作同様、土の匂いのする重い文なのが嬉しい。
しっかし、全編を通して登場する人物が増えていてところどころでページを戻してしまったワタシ、脳年齢高すぎ???兄弟でジグロ、カグロ、ユグロ・・・・一族で50音を使い果たしたらどうなるんだろうか・・・で、誰が長男で、役職がなんだっけ?←ばか
 
ファンタジーやSFでは、もう当たり前の「ここではない別の世界」。現代社会では、それは自然の営みであったり、先祖を祀ったりする世界観にあたると思うわけです。
 ワタシが、本編で好きだったのは本編の中の人物がみな、自分たちの世界と並行して存在する「別の世界」を「敬うべきもの」「共存すべきもの」として捉えている点。お互いに支えあって存在するもの、そういう風に描かれている点。
私たち、忘れがちじゃないですか?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。