So-net無料ブログ作成

よるくま [ママ教師おすすめ絵本]

おかあさん、泣いちゃいそうです

よるくま

よるくま

  • 作者: 酒井 駒子
  • 出版社/メーカー: 偕成社

 

ちいさい「よるくま」が、夜中に「ぼく」をたずねてきて、おかあさんがいない、とべそをかいている。いっしょに探しに出かけたことを「ぼく」は自分のおかあさんに語るんです。

おかあさんがいない と泣くよるくまの様子が、自分の息子とだぶるのです。
子供が寝たのを待って、こうしてキーボードを叩いてる自分を、息子は時々「おかあさん!」と言って寝床から呼びつけます。
呼びつけるあたりが、ちょっと腹がたつんだが・・・・・・・・何様!?・・・・・・お子様・・・・・・失礼)

よるくまの寂しさは「ぼく」の寂しさで、それはまた読んでる息子の寂しさ
もちろん、母がそう感じてることなど息子はつゆ知らず、でもきっと自分と重ねて読んでるはずで。
一緒に読んでて、こみあげてくるものがありました。
親のための本かも。展開のある話が好きになってきた次男Gと、何度も読みました。

※この数年みる大人向けの「癒される」絵本「かわいい」絵本というのに、あざとさを感じてしまうひねくれ者なので、実はこの絵本も表紙の、いかにも大人受けしそうな線の細いイラストレーションに抵抗があって、手に取るのを躊躇してました。
 が、思いがけずテキストがよかったのでほっ。
でも、親を泣かせるあたり・・・・やっぱあざとい??

夜中に子供を残して家をあけてる熊のお母さんに、「ありえない」と批判もあるようですが・・・^^;)。それは、一つの象徴ですから・・・それを言ったら「ナルニア」なんて話が始まらない。たんすでかくれんぼしてるんだから。こらっ!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。