So-net無料ブログ作成

プラネテス [Fav, コミックス]

 恐ろしくも、確かめずにはいられないもの。

プラネテス (1)プラネテス (1~4)【中学生におすすめ 2年~】

  • 作者: 幸村 誠
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2001/01
  • メディア: コミック

耐用年数をすぎて「ゴミ」として衛星軌道上を漂う人工衛星の成れの果て「デブリ」。この回収を仕事にしている人々・・・・・もちろん現代の仕事じゃないけどね。ゴミ回収とはいえ、宇宙服一つで自分の身を守らねばならない。そんな場所で。

彼らはなぜそこで生きようとするのだろう。

何をもとめて宇宙に出るのだろう。すぐ隣にある虚無。

妻をロケット事故で失った男。
木星往還船の乗組員に焦がれる男。
地上に夫と子供を残して働く女。
愛を信じて疑わない女。

派手な戦闘も、怪しげな宇宙人も(いるにはいるが)でないけど、宇宙を舞台に、人間や愛について、静かに考える一編。

描かれている宇宙と地上の暮らしのギャップが、松本零ニの漫画を思い出します。きっとどんなに科学が発達しても、日本人は畳で生活してるんだろうなあ。
いや、そうあってほしい。そうあってほしいぞ!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。